犬にどんな服を着せたら良いの

犬の服にはおしゃれだけでなく、寒さや暑さ、汚れから身を守るという意味があります。愛犬の健康管理のためにも服は必要です。たくさんある服の中からどんなものを選べばよいのか、注意する点はなにかを考えてみましょう。

犬に服を通販で買うなら

犬が服を着ているのを見ると「かわいそう」と感じる人も多いようです。しかし犬種によっては毛が短く、寒さに弱い犬もいます。また美しく長い毛が自慢の犬種の場合、散歩のたびに毛先が汚れたり、草木にからまったりするのも困りものです。嫌がる犬に無理矢理服を着せるのはストレスになりますが、犬の健康を守るためには服が必要です。飼っている犬の特徴や性格にあった服を用意してあげましょう。犬の服にはたくさんの種類があります。寒さだけでなく夏の暑さ対策用もあり、夏の散歩に使用すれば熱中症から守ってくれる効果があります。服を着せたいけど嫌がる場合には、身体に触ることに慣れさせるためにスキンシップの時間をたっぷりとり、少しずつ慣らすようにしましょう。

犬の服は通販がおすすめ

たくさんある犬の服のなかから、どれを選べば良いのでしょうか?まずは着やすいことが一番です。着るのに時間がかかるものはストレスになってしまいます。あまり華美な装飾があるものも、慣れないうちは避けた方が良いでしょう。飾りがついている場合は簡単に取れてしまうと誤飲してしまうことがあるので、着せる前にきちんと縫いとめられているか確認しましょう。また毛の長い犬種の場合は、ボタンやファスナーに毛が絡まりやすいので避けましょう。生地はできれば化繊ではなく、天然素材のものがおすすめです。化繊のものは静電気が起きやすく、犬は静電気が大嫌いです。一度静電気で嫌な思いをしてしまうと、服を着ることが嫌いになってしまうことがあります。

手作りのペアルック

愛犬のために、服を手作りするのもおすすめです。手作りのメリットは、既製品とは違いぴったりのサイズで作ることができること。まず犬に生地を触らせて、気に入るかどうか確かめてから作ることができること。自分の洋服とおそろいで作ることができることです。犬の服はそんなに難しくはありません。まず愛犬の首回り、胸回り、着丈を計り、簡単な型紙を作ります。仮縫いをしたら実際に着せてみて、動きにくいところやサイズを調整したら完成です。既製品を買うよりずっと安価にできるうえ、一度型紙を作ってしまえば、違う生地を使っていろいろなバリエーションでオリジナルを作ることができます。愛犬に似合う生地とデザインで、世界に一つだけのオリジナルを作ってみてはいかがでしょうか。犬の服は通販がお得です。