犬の服はかわいいだけじゃない?わんちゃんにとっての利点!

犬が服を着ている姿は見ているこちらも笑顔になりますが、実はそれだけではなく犬のためにもなっています。寒い時期や雨対策、夏のアスファルトから肉球を守ったりと、犬の服は犬の体を考えて作られていたのです。今回はそんな犬の服の利点を紹介していきます。

寒さに弱い犬には必須!犬の服を通販する際のポイント

犬は生まれつき毛皮を持って産まれていますが、犬種によってその毛皮の種類は様々です。
長毛種の犬達は寒さに強く熱さに弱いですが、短毛種や毛がほとんど生えない種類の犬にとって寒さは大敵となります。
こういった寒がりの犬達には、犬の服を着させてあげると寒さ対策となるため、犬の服は防寒着としての役割をはたすのです。
犬が寒がっているかどうかは、仕草を見てみるとよいでしょう。多くの犬は寒い時に体を丸めていたり、普段より動かなくなったり、ソファや毛布、カーペットの上などに乗りたがります。
こういった動作をしている場合には寒がっていることが多いため、犬の服を着せることを検討してみてもよいでしょう。
自分の犬にあったサイズのものを選んでください。

皮膚病対策や予防に最適な犬の服は通販がおすすめ

どんなに気をつけていても、犬が病気になってしまうことはよくあります。
皮膚の疾患を抱えている犬は、そのまま過ごしていると状態が悪化してしまうことがあります。また、健康な犬でもお散歩中に皮膚疾患になってしまうこともあるため、その予防対策として犬の服は非常に有効です。
犬同士でじゃれつきあっているときに、爪や牙で怪我をすることを前もって防ぐ効果もあるため、やんちゃな犬には着せておくといいかもしれません。
皮膚に疾患を抱えている場合、着てはいけない服もあるため、獣医さんに前もってこの服をきせても平気か聞いてみるといいでしょう。
かわいい姿だけではない犬の服。お散歩に行く前には事前に着せてみるのもいいでしょう。

犬の服を通販する際に注意することとは

かわいいだけではない犬の服ですが、注意してほしいことがいくつかあります。
それは、犬にとってストレスになっていないかということと、誤飲の危険性に目を配る必要があるということです。
子犬の頃から犬の服を着慣れている犬にとって、服を着るという行為はストレスをためる行為にはなりません。ですが、おとなになってから急に服を着させられた犬は、服を着ることを嫌がる事があります。
また、気になって甘噛みをしているうちに服の一部を誤飲してしまうというケースもあるため、普段から噛み癖のある子や、誤飲したことのある子などに服を着せる場合はしっかりと見ている必要があるでしょう。
状況や犬にあわせて、必要な犬の服を着せるようにしましょう。