犬の服を用意するメリットと注意すること

仕事から家に帰宅したときに一人暮らしだったり、同居している人が用でいなかった場合には、出迎えてくれる人がいないので、寂しい思いをすることがあります。しかし、犬を飼育することで番犬だけでなく、帰宅した人の心を癒してくれるペットになり、そんな犬のために犬の服を用意しておくと、様々なメリットがあります。

犬の服を通販で購入

犬は服を着せなくても、生活をすることはできますが、飼育している種類や生活している環境によっては暑さなどに弱いことがあるので、犬の服を用意してあげることで、犬が過ごしやすくできるだけでなく、病気になりにくくできます。また、注目されやすいような犬の服を着せれば同じ犬の種類であっても別の犬よりも個性を強調しやすくなり、犬を飼育している人たちとの会話も弾みます。他にも毛の生え変わりの時期に室内で飼育していると、毛が大量に抜けて毎日掃除をしていても、すぐに部屋が汚れてしまいますが、服を着せることで、毛の飛散をある程度防げるので掃除が楽になったり、散歩をしている最中に草むらなどで付きやすい虫を防止するなどの効果があります。

犬の服の通販の仕方

犬の服を用意するときには、店に頼むことで費用は掛かりますが、自分で作る手間が省け、裁縫が得意でなくても犬の服が準備できます。また、手作りで作る場合には、作るのは大変ですが、自分だけのオリジナルの服を着せることができ、費用を抑えられるのでより多くの服を作ることができます。ただし、どちらの作り方であっても服のサイズが合わないと作り直さなくてはいけないので、しっかり服を作るために必要な首や胴まわりなどのサイズを測るようにし、より正確なサイズを調べるためには犬が暴れていない落ち着いた状態の時に行います。他にはサイズがわかっても店によっては大きさの規格が異なっていたり、オスの場合だと服の長さなどによってはトイレがしにくくなるので注意します。

犬の服を着せるときの注意点

犬の服を通販することで、個性を強調しやすくなりますが、あまり派手にしすぎると他の飼い主から犬がかわいそうにしていると思われてしまったり、犬自身も動くのが大変になるので、ほどほどにすることが大事です。また、服を着るのに慣れていない場合には無理に着せるとストレスになってしまうので、いきなり着せるのではなく、少しずつ慣らしていくか、着せるのをあきらめるなどの行動が必要であり、暑い時期には着せる服によっては体温調節が難しくなるので、着せる場合には調節がしやすい服にします。他にも服の飾りを犬が誤って食べてしまったり、冬のために必要な生え変わりがしにくくなることもあるので、着せるときには、常に着せるのではなく、決めた時間や場所のみにしたほうが犬の負担を減らし、服を着せるメリットも上手に残すことができます。