犬の服を買う前に採寸を

人間と同じように、犬の服もサイズ感が重要です。いくら可愛い犬の服やかっこいい犬の服は通販であったとしても、サイズが合っていないと台無しです。
大きすぎてもだらしない印象を与えてしまいますし、小さすぎるとおかしいだけでなく、着心地まで悪くなってしまいます。

犬の服を通販で試着できないときはサイズから判断

犬の服をインターネットのオンラインショッピングで購入するときは、必ずサイズを確認しましょう。ペット・ショップやペットの洋服専門店で購入するときは、試着することができるのでサイズ合わせをしやすいですが、通販では犬の服のサイズを事前に確認してから購入する必要があるためです。
サイズが合わなかったときには、交換してくれるショップもありますが、返送するための送料は買った人が負担しなくてはならないので、最初からピッタリのサイズを選ぶのが理想です。人間が通販で洋服を購入するときは、バストとウエストのサイズを把握しておけば、かなり正確にピッタリのサイズの洋服を選ぶことができます。犬の場合には、次に紹介する3つのサイズが重要になります。

犬のサイズの測り方

通販で犬の服を買うときに必要となる犬のサイズは、首周りと胸囲、そして胸囲の3つのサイズです。
サイズを測るには、洋裁で使用するメジャーが必要になります。また、計測した数値を記録しておけるように、筆記用具も準備しておきましょう。
首周りは、できるだけ肩に近い部分を測るのがコツです。首輪をつけている犬の場合は、首輪の少し下あたりを測るとよいでしょう。犬の服を着たときに、喉を圧迫しないように首周りの実測値よりも1cmから2cmほど大きな犬の服を選ぶようにするとよいでしょう。
胴回りは、犬種によって測る部位が異なるので注意が必要です。基本的には、前足と後ろ足のあいだで最も太くなっている部分の胴回りを測ることになります。

犬の服のサイズを見ればフィット感がわかるようになる

前足に近い胸の部分が最も太い犬もいますし、後ろ足に近いお腹の部分が太い犬もいます。わかりにくい場合は、2?3箇所の胴回りを測ってみて、最も大きな数値を採用するとよいでしょう。
最後に、着丈を計測します。犬の服における着丈は、人間のTシャツやジャケットなどの着丈とほとんど同じです。つまり、肩の付け根からお尻までの長さになります。首周りと胴回りが、犬の服の着心地に影響するとすれば、着丈はどちらかというと見た目に大きくかかわってきます。ただし、着丈は犬の服の裾を捲ったり補正をしたりして、購入してから調節することができるので、それほど神経質になる必要はありません。
犬の服には、首周りと胴回り、着丈の数値が記載されているので、愛犬のサイズを知っておけば、ピッタリの服が買えるようになります。